RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

補聴器の選び方入門

自分にぴったりの補聴器を見つけるには、まず、補聴器を知ることが大切です。
補聴器使用を確認後・・
0
     補聴器を選ぶ際、耳の病気があっては、希望通りの補聴器が出来るかの判断材料になります。
    耳垂などがある場合は、まず治療が先決な場合もありますので・・
    また補聴器の使用経験の有無に関しても大事になります、補聴器選びの情報となります。
    そして、初めて次の段階にいけます。
    | 健康・病気 | 20:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    補聴器の選び方で大事な・・・
    0
      現在聞こえなくて困っているのはどのような時ですか?
      まず、この部分を明確にします。

      ひとそれぞれ違うと思います。
      家庭でのコミュニケーションで?
      学校で!?職場で!?
      そしてその困りの度合いを考えます!

      この辺がはっきりすれば、自分にあった補聴器がどんなものか見えます。
      補聴器の価格は決して安いものではありません。

      なんせ、生活の補助となる自分にぴったりの補聴器と
      出会えるまでは、時間を惜しまないことです。

      衝動買いで失敗しないためにも、
      賢い選択をしましょう。
      | 健康・病気 | 06:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      最初の一歩は(補聴器の選び方)
      0
        補聴器を購入する前に、まずご自身が自分の難聴の程度を正しく理解し、納得されていることが大切です。
        それから初めて、購入を検討しましょう。そして、配偶者、ご家族といった周りの方の理解も欠かせないことです。
        現在のき聞こえの状態、難聴の程度については聴力検査を踏まえて補聴器専門店や病院にて十分な説明を受け理解することが大切です。
        もちろん、購入の目的が明確にならない場合は、必要がない場合も
        あると言う事です。
        必要性を再度確認して見ましょう。
        | 健康・病気 | 21:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        最初に耳鼻科で聴力検査を受けましょう。
        0
          補聴器は医療器具です。最初に耳鼻科で聴力検査を受けましょう。
          これは風邪をひいた時と同じ、医者に症状を見てもらう、薬を処方してもらう。全く同じです。
          そして聴力レベル、どんな周波数の音が聞きにくいか、言葉の聞き分けができるかどうかの聞き取り検査をします。その後で、医師から補聴器の処方をもらいます。
          こういったことが正しいでしょう。
          より快適な生活を送るために、自己診断せず、必ず専門医の検査を受け、補聴器を上手に選びましょう。

          | 健康・病気 | 22:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          第12回耳の日セミナーの情報
          0
            定員450名。入場無料。
            講演1:耳のしくみと検査
            講演2:耳垂れの出る病気
            講演3;高齢社会を迎えて。聞こえの問題。
            耳の病気への関心を高め、聴覚障害の予防と治療の徹底を図ることを目的に毎年3月3日は「耳の日」として設定されています。
            この日を機に「耳の健康を考える」をテーマに、健康増進の保持の一助になることを願ってセミナー開催します。
            2008年3月2日 オーバーホール
            補聴器無料相談会も同時募集。

            関西地区の方が対象かな!?
            当日パネルディスカッションあります。
            | 健康・病気 | 10:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |