RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

補聴器の選び方入門

自分にぴったりの補聴器を見つけるには、まず、補聴器を知ることが大切です。
補聴器の仕組み
0
    マイク
    まずはここで音を拾います。
    現在はマイクを2つもちいて、指向性をもたせている補聴器もございます。
    アンプ
    マイクで拾ってきた音を増幅します。
    現在はデジタル化されていて『アンプ』『音質調整トリマー』等をかねている物がほとんどです。
    ボリューム
    全体の音量を調整する為についています。
    現在は、デジタル化されていてボリュームの可変幅等を、販売店で調整出来る補聴器もございます。
    スピーカー
    ここから音がでます。
    テレビやラジオは、聴力の低下とともに音量を上げてしまう傾向にあるので、
    人との会話以外にも補聴器が使える場所はいっぱい。周囲の反感を買いやすいもの。誰にも迷惑をかけず楽しみましょう
    | 健康・病気 | 20:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    補聴器を選ぶ。眼鏡を選ぶ。
    0
       視力が低下し、眼鏡をかけることは当たり前のことですが、補聴器に対する考え方は、まだまだ一般的とはいえないようです。
       補聴器は音を大きくするだけではなく、音質を調整し、不要な音を抑え、音像を正確に捕えられるように聴力を補う精密機器です。
      眼鏡を買うとき、視力を測らずに購入しますか?一方、補聴器の購入時にどれだけの方が聴力測定をしますか?
       現在はデジタル補聴器が主流です。デジタル補聴器には、高性能パソコンに匹敵する処理能力を持つマイクロチップが組み込まれており、高度で複雑な処理を瞬時に行うことができます。音の調整や制御をコンピュータで行うためアナログ補聴器にくらべてより緻密で正確な調整ができます。

      まず、テレビやラジオの音が大きいと注意されたり、何度も聞き返したりすることが多くなったと感じたことはありませんか?

      こういうときは、まず耳鼻科へ行って、難聴の程度と

      耳に病気がないかをチェックしてもらってください。

      | 健康・病気 | 20:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      加齢と補聴器について
      0
         要因が、加齢による難聴の場合、高音域から聞こえにくくなり、左右の聴力が同じレベルで低下していくのが特徴です。
         ところが、そんなときでも、母音を聞き取る力はそれほど低下しないので、難聴であることが、自分ではわかりづらく、そのため、本人よりも周りの人が先に気づく場合が多くなります。

        以下は難聴の種類です。

        伝音声難聴
        中耳炎や鼓膜の破損で、外耳から中耳の障害が原因です。医学にな治療可能とされています。

        感音声難聴
        内耳以降の感音器の障害が原因です。加齢とともに聞こえにくくなったり、長時間騒音のある場所にいることによる聴覚障害です。
        一般的に医学的に治療はこんなんで、聴力の改善は困難とされています。

        混合性難聴
        感音声難聴と伝音声難聴の両方の症状をいいます。



        これまでの補聴器の最大の問題は、雑音の多さにありました。
        聞きたい音を大きくするというよりも、すべての音を大きくするので、まわりの雑音も大きくなってしまう点です。そのため、補聴器を付けるとうるさくて耳が疲れるという人も多かったようです。
        | 健康・病気 | 21:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        デジタル補聴器の選び方
        0
          メーカーによって、違いはありますが、以下のような特徴があります。

          ハウリングを防止

          騒音を抑えれる

          周囲の環境にあわせて自動調整

          簡単で正確な調整

          これ以外にもありますが、

          簡単に言うと、

          →デジタル補聴器が音などのアナログ信号を取り込む

          →デジタル補聴器が聞こえにあわせて変換

          →再びアナログ信号にして音を耳に届ける

          現在の主流であるデジタル補聴器は、

          まわりの環境にあわせた音響認識やきめ細やかな設定により、

          快適なきこえを実現しています

          補聴器には、耳あな形、耳かけ形、箱形、メガネ形などがあります。
          最近はオー ダーメイド補聴器が主流です。
          | 健康・病気 | 22:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          聞こえなるって怖い事?
          0
             耳が聞こえにくくなるのは、なにも特別なことではありません。聞こえにくくなった原因がはっきりすれば、聞こえるように対応が可能です。
            要因は人によってばらばらです。
             聞こえにくいというのは、自分ではあまり認めたくないものですよね。「なぜ自分が…」など、抵抗を感じる方もいると思います。
            一般的に40代くらいから徐々に聴力が低下する場合があり加齢による聴力低下はさけられません。
             加齢による聴力の低下は病気ではありませんし、聴力が低下しはじめる時期は人それぞれで、聴力低下の時期は個人差があります。
             加齢による難聴の場合、しかし比較的周波数の低い母音を聞き取る力はそれほど低下しないので、自分で気づかない場合が多いのです。
            周囲が最初に気づく場合があおおいため、人から言われて気分が悪くなる場合がありますが、こういった理由からです。
            | 健康・病気 | 20:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |